無気力・無関心・無責任

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログ停滞

<<   作成日時 : 2016/12/16 22:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

いやぁ、最近ブログの更新してないなぁ…

一応生きてます。

仕事に追われつつもどうにか生活している。

食べ物とかもネタになりそうなモノを使って食べたりしてたりもするが、写真とか撮り忘れちゃうのよね…食べてなくなってから、しまったとかしょっちゅう。

そういえば、健忘なのか、もうろくしたのか、とにかく記憶力の低下が著しい。

メモもとるが、何を書いたメモなのか見返しても、思い出せないことも増えてきた。
仕事に影響するようなミスもしたりとヤバイことこの上ない。

覚えることと、忘れることが同じじゃ進歩ない。むしろ忘れる事がおおいもんだから大変である。コミュニケーション的な苦手さも相まって不利なことこの上ない。

前の職場では、そのハンデをわかったなりに指示してくれるひともいたのだなと、それなりに庇護もかなり受けていた。と認めざるを得ないだろう。

前の職場のキーパーソンが職場を去ってからたしかに私はおかしくなってきたような気がする。

安全装置や、オブラート、緩衝とでも言うべき存在がなくなってから直接苦言などかくる。

もとより、自己肯定の低い人間がまともに叱責をガンガン受けるとさらに悪い方向に転落する。これをバネに頑張れる人間もいるだろうが、自分はそこまで強く、人間的にできている訳ではない。

認めざるをえないがこれは「障害」なのだろう。

辛いところもあるがそれを自覚したうえでどうふるまっていったらいいのか
考えていかなければならない。

そういえば、先日、前の職場のいわゆる社長から電話が来た。

人が少ないからまた働きに来ないか、と。

辞めたいきさつも当然知ってるうえで、だ。

今の職場も決して楽な所とはいえない。違ったところでの辛いところも厳しいところも多々あるが、なんとかしがみつくつもりで足掻いている。生きてくため、家族を養うため。うつ状態となり仕事をやめて家族に心配をかけて、すこしばかりの貯えを食い潰し迷惑をかけたことを考えたらもはやあとはないわけだ。頑張らないと。

かりに、前の職場に戻ったとしても、決して待遇も以前ほどよくなるわけでなく、むしろ準社員として安くコキ使われるのは目に見えている。古巣が決していいわけではないのだ。あれだけの遺恨を残しておきながら、また来てくれとは都合良すぎる。
丁重にお断りした。

噂によれば空中分解寸前らしいが…。
体のいい買い殺し状態で人材流出に歯止めがかからないらしい。

まあ、辞めた組織の事をいってもしょうもないけど。今の職場だって末長く働けるかどうか不安だらけである。

アスペ?コミュ障?メンヘラ?どっちにしてもフツーじゃなさそうな自分は今日も夜に元気になり、朝に飯も食えず憂鬱な思いでやっとこさ出勤していくのである。(涙目)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログ停滞 無気力・無関心・無責任/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる