無気力・無関心・無責任

アクセスカウンタ

zoom RSS ゲーム三昧

<<   作成日時 : 2016/09/08 23:31   >>

トラックバック 0 / コメント 2

仕事が定時帰りでとてもいい。

前の職場との大きな違いはそこにあるのかもしれない、

サービス残業の嵐は次第にプライベートの時間にも食い込み、食い潰されていく。
負荷の高い仕事を押し付けられ、仕事と休みの余暇時間といったメリハリある生活が乏しくなり、仕事一辺倒となり、徐々に自分らしさを失っていく。強度のストレスにより、高血圧症や鬱状態なと健康、精神を蝕まれ、自分がぶっ壊れていった。

若い頃、クルマやテレビゲームが大好きだった。趣味だった。楽しみだった。

今もゲームはやっているが、仕事を辞める辺りはおかしくなってそれすらやる気力がなくなってきていた。

今から思うと希死念慮がおこっていたのだ。

家に閉じ籠っていると、家族は訳もなく部屋越しに声をかけたり、出掛けるときなど行き先を確かめたりと変な気を起こしていないか確認するような言動が聞こえていた。
神経質になっていたのだ。

聞けば顔が違うらしい、自覚がなかったが
。やはりガチで悪かったのか。

とにかく、生きてる。

まあ、話はそれてしまったが、仕事をおえて、時間が作れるようになったので、ゲームを、している。

夕食後は自室でプレステ3のメタルギアソリッド4を、

寝室に入ってからは、PSPの零の軌跡を、

そして、付き合いの長いニコ生の主の放送をみてチャットして、休みは中古屋さんに行って掘り出し物探しか、モンハン(笑)

ゲーム三昧である。そして、それぞれを掛け持ちして楽しんでいる。

意欲が途切れることなく遊べている、めんどくさくてやりたくないと途中で電源落とすことが多かったけと、ものすごく持続しているのだ。楽しくて仕方がない。

睡眠障害は昔からあったけど今も寝付きにくい生活をしている。薬を飲んでいても、朝のよく寝た充実感、みなぎる感覚はなく、ぼんやりしている。

採血結果がよくなくて、酒も飲めない。食事も制限されてるからうまいものも食べられない。

そして、もうひとつ、抗うつ剤飲んだ影響からなのか、加齢なのか、もやはオトコではなくなってしまった。完全に枯れた(笑)

見事にヒトの三大欲求が破綻したのだ。

そんななか、やはり趣味に時間をおけることが唯一の救いになっているのかもしれない。

家族は?子供は、妻は?
どうなんだと。
心が癒されるか?
…悪いけど全くそれはない。
まあ、どうにもならない。

疲れて帰ってくるなりウダウダいわれて、癒されるわけがない。ムカつくことばかり。病んでいた頃もさほど気遣う様子も感じられなかったが、調子が良くなるとまた、ムカつく言動を放つようになった。

職場の仕事で疲れたりストレスを抱えて帰ってきた人間を労る心配りって必要じゃないのだろうか。少なくともおらはそうしてくれたらうつ状態にならずに持ちこたえていたのかもしれない。精神を止んだ原因として仕事のせい、ばかりではなく、家庭内のこうした側面も大きく影響していると断言していいだろう。

さっさと飯食って二階のゲームを遊ぶ。
ルーチンである。

家族との会話は必要なのかもしれない。

しかし、会話をするとムカつくことばかり、
まあ、自分も含めて言えることなのだが、好き勝手なもんである。

舌戦になると勝てるわけもないので、同じ空間にいないことにしている。

家庭を維持しているのはオトナを演じる痩せこけた親心のみである。

中年のオヤジのガス抜きがゲームとはいやはや。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
僕等は、人生の折り返し地点を恐らくは既に通過して、もうバックストレートに入っちゃってww、日々、死に向かっている。
(ま、それは生まれた瞬間からだけどね)
その過程で、これまで持っていた色々な機能を徐々に手放してゆくんだよね。
男性機能や運動機能とか・・・最後には全てかな。
自分が若者で、いずれ老化するって事さえ全然信じられなかった時代に、まるで「人生の平原」に到達しちゃってる様に見えた50才。
あの頃に見た「おっさん」達も、今の僕等の様にこんなにも日々迷ったり、悩んだり、苦しんだりしていたのかな?って、最近は考えるww。
ま、でも、俺、このブログ見てると何か勇気が湧くんだよねwww。
今後も、陰ながら応援させて頂きますww。
oga
2016/09/10 21:29
>ogaさん
自虐的な事が多いのですが、全て事実ですね。今回は少し真面目に書いてみました。
もちろん家族の事や職場のことばかりではなく、自分の耐性のなさももちろんあることも付け加えなければならないでしょう。
だいたいブログの文章書くときって、平常心でないときが多いのかもしれません。カッカしたときが多いのかも。
根拠のない希望に満ちあふれた若い頃って、ムチャも結構きいてたけど、人生の3分の2近くかな?その辺になるともう、体が、心が、とにかく、何かしらが失われます。断言します。今度はなにが失われるのか…。ま、救いようのない初老オヤジのボヤきを今後も生暖かく見守ってください。
だだ
2016/09/10 21:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ゲーム三昧 無気力・無関心・無責任/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる