無気力・無関心・無責任

アクセスカウンタ

zoom RSS とりあえず

<<   作成日時 : 2016/08/25 21:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

生きとります。

仕事も辞めていない。

地雷な部署と聞かれていて戦々恐々なところは正直いってなくもないが

今のところ、行き詰まり感もなく3ヶ月を過ごした。

以前働いてた福祉施設とはまた違ったタイプの職場の雰囲気ではあるが、経験したことが多少活かされてはないかなと思っている。

ともかく、なんとか生きてますよ。
そりゃ、待遇面とかは1からのやりなおしなんで、期待もしてないし、今後もそれほど望めないだろう。しかし、「放課後」が日常茶飯事な前の職場に比べれば早く帰ることができるし、こなす仕事量も少ない。
いまの自分にはいいのかもしれない、

荷が重すぎたり、潰しのきかないような仕事は流石に入ったばかりの自分にはきていない。しかし、職場の中の周囲を見渡すと中堅でサービス残業や未処理の仕事を何件もかかえて、あえいでいる人もまた見られ、自分もいずれこうなるのかなと、考えたりする。

既に知ってる事や経験していることも仕事のなかでいろいろ見かけたりするが、

特に聞かれないうちは、あえて自分の経験したことやできることなどは一切しゃべらないようにしている。全くのズブの素人ではないものの、自分をひけらかさないように心がけている。
知ることで荷が重い仕事を押し付けられるのは御免である。病み上がりだし。

ほぼ、定時で帰ることが出来て平和である。でも、これですまないんだろうなぁ多分。

人間関係も大切、いまのところはこじれていない。

まえの職場は自分の事を「コンコルドの誤り」と言う言葉で揶揄された。
いつになっても結果を出せず、けど、我慢して雇っていたがやっぱり結果がでない。早めに配置転換や降格をすればよかったなどという、上司の辛辣な対応だ。

あまつさえ、例え話に出されたコンコルドの話すらもったいないと。
人格否定だ。完全にパワーハラスメントだ。そして、愚かなイエスマンはスケープゴートにされたのだ。責任をなすりつけられ。

前の職場は、今働いている職場とはあまり良好な関係ではないらしい。経営的なトップの考えや理念人の使い方を含めてかなり批判的なスタンスをとっているようである。

自分が紆余曲折を経てその組織に入って働いているという情報を入手したようで、それが面白くないのか、自分の事を「この業界に向かない、適正がない」などと吹聴しているようである。

まあ、向かないかもしれないけど17年どうにか生き延びてきた。そして、使ってくれてそれなりの組織における知恵は少しならずとももらったのだ。それは辞めた今も生きているから感謝するところではある。
しかし、負けず劣らずのブラックなのだぞ。職場の理念やモラル、社員教育の水準は、前の職場は高いと思う。対して今の職場は人間関係の軋轢や馴れ合いそんな部分がとても稚拙で未成熟だなと思う。情報開示や周知徹底、仕事の一貫性など脆さを感じさせる。一長一短である。

なってったって、離職者が多いからなぁ、てんでに。

まあ、クビにならずに末長く働きたいものである。やってけるかなぁ。いまのポジションは居心地いいけど、ずっとこのままってありえないでしょうね。

コンコルドの誤り…
言われた人間は忘れない
人格否定され、メンタルを狂わされ、
仕事で高血圧の薬や抗うつ剤を飲んだり、健康を蝕まれ、それでも、愚かなイエスマンは愚直に社畜になった。

けっして円満退職ではなかったのかも知れない。でもあそこを辞めることができて本当によかったなと確信した。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
とりあえず 無気力・無関心・無責任/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる