無気力・無関心・無責任

アクセスカウンタ

zoom RSS 年相応

<<   作成日時 : 2017/02/25 09:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「年相応」

その年齢にふさわしい「言動」「立ち振舞い」

そんな感じで会話したるするが、

何の尺度でそういう思考になるのか。

年をとってもクルマ好きはクルマ好きだし、年取ればみんな盆栽やるかといえばそうではないはず

女好きもいれば、ギャンブル好きもいるし、十人十色だ。

趣味ととれるようなカテゴリが昔に比べたら格段に裾野が広がり多種多様となっている。

それには、適正年齢なるラインなどは存在しない。

いい年こいて、と、言われる人かいるならば、悲しいものである。

自己顕示欲なるものがある。
自分のことを人に教える、話すことは、ある種、カタルシスになっていることであると。

確かに、自分のこと、考えなどを他人へ、話し出すとホントに止まらない人もいる。周りはドン引きしたりするケースがおおいが。

自身の事を夢中でしゃべっている間って肝心の相手の話の内容を一切聞いていない場合もあったりする。話すことで自分を表すタイプの人はそうである。苦手なタイプである。話を貸さないのは

こういったブログやあるいはTwitter、Facebookでの自己表現の一つ、また、自分自身を周囲に承認してもらいたい心の現れである。っていうかそれ以外にない。

自分をわかってもらいたい、自分を認めてほしい、
自分と同じ目線で共感できる人とコミュニケーションできれば。

そういったところであるが。

話がそれてしまった。年齢のことだ。
本題に入るか

私はゲームが好きである。そして音楽を聴くのも好きでsる。
高校生か20代の若者だったらともかく、今年50歳になる初老の人間である。

「いいオヤジが・・・・と思うか」、  「へえ、いいじゃん」と
思うか。

まあ、正直ゲーム好きでいま○○のゲームやってるとはいえないなあ。
落ち着いた大人を装っているが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
年相応 無気力・無関心・無責任/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる